糖尿病で筋肉減少 原因たんぱく質特定 神戸大研究チーム

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
糖尿病で筋肉が減る仕組み
糖尿病で筋肉が減る仕組み

 糖尿病で筋肉が減るメカニズムを解明したと、神戸大の小川渉教授(代謝糖尿病学)らの研究チームが21日、米オンライン医学誌「JCIインサイト」で発表した。血糖値の上昇に伴い2種類のたんぱく質の量が変化し、筋肉の減少につながるという。糖尿病患者の運動能力低下を防ぐ薬の開発が期待できる。

 国内には推定1000万人以上の糖尿病患者がいる。糖尿病患者は筋肉が減りやすいことが知られているが、関わっているたんぱく質やメカニズムは不明だった。

 チームは、血糖値を人為的に上昇させ、重度の糖尿病にしたマウスの骨格筋で、「KLF15」という筋肉減少を促すたんぱく質が4倍以上増えていることを見つけた。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文554文字)

あわせて読みたい

注目の特集