メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

糖尿病で筋肉減少 原因たんぱく質特定 神戸大研究チーム

糖尿病で筋肉が減る仕組み

 糖尿病で筋肉が減るメカニズムを解明したと、神戸大の小川渉教授(代謝糖尿病学)らの研究チームが21日、米オンライン医学誌「JCIインサイト」で発表した。血糖値の上昇に伴い2種類のたんぱく質の量が変化し、筋肉の減少につながるという。糖尿病患者の運動能力低下を防ぐ薬の開発が期待できる。

 国内には推定1000万人以上の糖尿病患者がいる。糖尿病患者は筋肉が減りやすいことが知られているが、関わっているたんぱく質やメカニズムは不明だった。

 チームは、血糖値を人為的に上昇させ、重度の糖尿病にしたマウスの骨格筋で、「KLF15」という筋肉減…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです