メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

名前はともかく形が思い出せない……超短命がゆえに激レアな国産車4選

情報提供:カートップ

名前はともかく形が思い出せない……超短命がゆえに激レアな国産車4選

軽自動車枠の拡大によりフルモデルチェンジを強いられた車種も

 国産車のフルモデルチェンジのサイクルは平均すると5年前後。商用車など長いものだと10年近く小変更を繰り返して販売される車種も存在している。しかし、一方で短命でモデルチェンジを果たしたり、絶版車となったりしてしまった車種も少なからず存在する。今回はそんな短命に終わった車種をご紹介しよう。もちろん限定車(期間、台数など)は除外している。

1)ホンダ・ライフ(2代目)

短命

 もともとは1970年代に360cc時代の軽自動車として登場していたライフ。その名前を1997年4月に復活させ、トールワゴンとしてリリースされたのが2代目ライフだった。基本コンポーネンツはトゥデイから流用しているが、方向性はまったく異なる車種に仕上がっている。

短命

 そんな2代目ライフだが、デビューから1年半後の1998年10月に早くもフルモデルチェンジを果たし、3代目となっている。といっても、これは軽自動車枠が拡大されたことに対応するためで、実質的にはマイナーチェンジと言えるかもしれない(ホンダはフルモデルチェンジと言っているが)。

2)マツダ・エチュード

短命

 1985年に登場したBF型ファミリアハッチバックをベースに、都会的で洗練されたパーソナルカーとして生み出されたのが1987年にデビューしたエチュードだった。ファミリアに比べて115mm長く35mm低められたシルエットで別車種感を醸し出してはいたものの、まだまだ小さな高級車は受け入れられなかったようだ。

短命

 当初は1.6リッターのみだったが、急遽1.5リッターを追加するも販売は好転せず、89年にひっそりと生産を終えている。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 大きな虹 福岡の空に
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 大阪女児不明 友梨さんの父が手記公表「些細な情報でも」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです