メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

小惑星リュウグウに着陸成功 岩石採取へ精密誘導

「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」への着陸が成功し、スタッフと抱き合って喜ぶ津田雄一プロジェクトマネジャー(中央右)=相模原市で2019年2月22日午前7時51分(C)ISAS/JAXA

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、小惑星探査機「はやぶさ2」が同日午前7時半ごろに小惑星リュウグウへの着陸に成功したと発表した。日本の探査機が小惑星に着陸したのは、2005年の初代はやぶさに続き2回目。地球から約3億4000万キロのかなたで、わずか半径3メートルの領域に探査機を誘導する難しいミッションを達成した。

 はやぶさ2は事前に投下していた「ターゲットマーカー」を目印に降下し、試料を採取するための筒状の装置…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1042文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです