メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球温暖化

世界守るために時間使おう 16歳、EUで対策強化訴え

「気候のための学校ストライキ」と書かれたプラカードを手にデモ行進するグレタ・トゥーンベリさん(中央)=ブリュッセルで2019年2月21日午後2時2分、八田浩輔撮影

 【ブリュッセル八田浩輔】スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさん(16)が21日、ブリュッセルで開かれた欧州連合(EU)の諮問機関で演説し、EUの温室効果ガスの削減目標を倍増するよう訴えた。グレタさんは昨年、温暖化対策を求めて学校を休んで座り込みを続けて注目を集め、世界各地で温暖化危機を訴える同世代の抗議デモが広がるきっかけを作った。

 この日、EUのユンケル欧州委員長らの前で演説したグレタさんは、「もし私たちが大切な授業時間を無駄に…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです