メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
シネマの週末・この1本

THE GUILTY/ギルティ 指令室、電話の緊迫

 携帯電話のおかげで恋愛映画は味気なくなったけれど、その発明はスリラーを活気づけた。秀逸な着想の作品が相次ぐ。携帯電話と一緒に埋められてしまう「[リミット]」、監禁された女性がたまたまつながった携帯電話の相手に助けを求める「セルラー」。「ザ・コール 緊急通報指令室」では、指令室の警官が誘拐された女性から携帯電話で通報を受ける。相手とつながっていて刻々と変わる状況の変化を共有するのに、何もできない。ライブ感と隔靴掻痒(かっかそうよう)感が一緒になって、このジャンルと相性抜群なのだ。

 「ギルティ」では、緊急通報指令室の警官アスガー(ヤコブ・セーダーグレン)が電話を受けると、相手の女…

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1381文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです