メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

「上空20キロから甲子園マウンドに」着陸 若きリーダー導く 重圧、チームで越え

「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」への着陸成功を喜ぶ津田雄一プロジェクトマネジャー=相模原市で2019年2月22日午前7時50分ごろ、JAXA提供

 「上空20キロから甲子園球場に着陸しようと思っていたら、マウンドに降りろと言われたようなもの」。プロジェクトマネジャーの津田雄一・宇宙航空研究開発機構(JAXA)准教授(43)がこう例えたピンポイント着陸に挑んだ小惑星探査機はやぶさ2。予想以上に岩塊の多い小惑星リュウグウのわずかな平地に探査機を精密に導いた原動力は、若きリーダーがまとめ上げたチーム力だった。【池田知広】

 「タッチダウン(着陸)の延期を前提に考えませんか」。昨年9月12日。相模原市のJAXA宇宙科学研究…

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文993文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです