メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校入試

都立高倍率、過去最低 私立無償化「中堅校から流出」

東京都立高一般入試(全日制)の最終応募倍率

 東京都立高校の2019年度一般入試が22日始まった。全日制の平均応募倍率は1・40倍と、現在の選抜方法になった1994年以降で最低となった。都が17年度に私立高授業料の実質無償化制度を導入したのが要因だが、進学校は倍率が上がっており、二極化が進む。同じ傾向は首都圏全体で見られ、専門家は「20年度の大学入試改革への不安から、高校選びで大学進学率がより重視されるようになった」と分析する。

 この日、全日制の172校では約4万4000人が試験に臨んだ。一部では23日も試験があり、来月1日に合格者が発表される。

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  5. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです