メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

流氷観光砕氷船

「ガリンコ号」世代交代 老朽化で紋別市、3代目を建造へ /北海道

 紋別市は、流氷観光で人気が高いスクリュー型砕氷船「ガリンコ号」の3代目を建造する。定員増や速度向上を図り、2021年1月のシーズン就航を目指す。現在の2代目(全長35メートル、定員195人)より一回り大きく、氷を砕くスクリュー部分を改良し離れた流氷を見に行ける。市が2年で約10億円を投じて建造する…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  2. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです