メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校入試

公立高後期出願状況 全日制倍率1.11倍 /宮城

 県教育委員会は21日、2019年度公立高校入試後期選抜の出願状況を発表した。全日制は定員9807人に対して1万914人が出願し、倍率は1・11倍(前年度比0・04ポイント減)だった。

 倍率が高かったのは順に、仙台三(普通)2・25倍▽宮城農(農業・園芸)2・06倍▽宮城工(情報技術)2・04倍--…

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文279文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです