メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬百湯

/82 湯の宿「畔瀬」(片品村) 震災避難者癒やし 「人のよさ」と湯の手触り受け継ぎ /群馬

 「うちのお湯は軽いんだ。入ってみればわかる」。2代目の入沢尚和さん(44)に勧められて湯に触れてみると、さらさらとした手触り。確かに「軽い!」。

 この湯は、村議だった祖父・真蔵さんが1年近くかけて掘り当て、3代にわたって大切に守ってきた。真蔵さんは自費でプレハブの湯屋をこしらえ、10年ほど近隣の人々に無料で開放していた。入沢さんは「家族から見ればただのお人よしだよ」と苦笑いしながらも「何でもできて頼りになる祖父だった」と懐かしむ。

 祖父の「人のよさ」は2代目に受け継がれている。2011年の東日本大震災。発生の2日後、入沢さんのも…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです