メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

行屋

内装品、保存を始める 袖ケ浦市郷土博物館 /千葉

 郷土に残る山形県の出羽三山(羽黒山、月山、湯殿山)信仰の歴史を伝えるため、袖ケ浦市郷土博物館(袖ケ浦市下新田)は、出羽三山の登拝者が集う建物「行屋(ぎょうや)」の内装品の保存を始めた。

 行屋は江戸時代以降、市内各所に造られたが、年々取り壊され、数を減らしている。同博物館では昨年秋、近くの行屋が解体…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです