メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい自習室

/22 週刊誌の「死後事務」特集 親の人生知る機会? /東京

 昨年末から今年にかけて、週刊誌では「死後の手続き」に関する特集がはやっている。中には、巻頭から10ページを超えるブチ抜きの記事が載っていて、私は度肝を抜かれた。まるで大震災とか大事件が起きた時のような大展開だった。

 ついこの間まで、日本人は「死」について語ることを避けてきたのではなかったか。「終活」ブームは5年ほど前から盛り上がっていて、葬儀や墓について考えておこうという機運はあった。それがここに来て、親や自分が死んだ後の、さらに具体的な役所や金融機関への手続きの話に関心が集まっている。

 週刊誌は「欲望のメディア」と言われる。タテマエよりも現実的に損得に直結する情報が好まれる。私も週刊…

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1100文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです