メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デフリンピック

聴覚障害者のオリンピック知って 来月2日、横浜でイベント /神奈川

 聴覚障害者の国際スポーツ競技大会「デフリンピック」を知ってもらおうと、啓発イベント「デフリンピック・フェスティバル」(全日本ろうあ連盟主催、県聴覚障害者連盟共催)が3月2日、横浜市西区の新都市ホール(そごう横浜店9階)で初めて開催される。デフリンピック・メダリストの講演や手話パフォーマンス、応援グッズ販売などがあり、主催者は「聞こえない子どもたちに夢を与えるデフリンピックの存在をどうか知ってほしい」と呼び掛けている。【国本愛】

 デフリンピックは、4年に一度開かれる聴覚障害者のための国際競技大会。夏季大会と冬季大会が2年ごとに…

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1111文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです