メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校入試

来年度の公立高志願状況 全日制倍率1.08倍  /新潟

 県教育委員会は21日、2019年度公立高校一般選抜の志願状況を発表した。特色化選抜の合格内定者数を差し引いた全日制76校102学科(分校を含む)の合計募集人数は前年度比100人減の1万3708人。出願者数は230人減の1万4863人で、出願倍率は0・01ポイント減の1・08倍となった。【堀祐馬】

 全日制で志願者数が募集人数を上回ったのは62学科で前年度より2学科増えた。倍率が1・6倍を超えたのは、新潟南の理数コース2・05倍▽市立万代の英語理数2・05倍▽新潟の理数1・85倍▽新津工業の工業マイスター1・67倍▽新潟商業の総合ビジネス1・64倍--の5校5学科だった。

 総じて普通科や水産科が前年度より人気となり、農業、工業、商業、家庭、総合系の学科の人気は下がった。…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 元パラ選手マリーケ・フェルフートさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  3. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  4. ORICON NEWS 道端アンジェリカ、夫の逮捕で「夫婦の形が少しずつ変わってきています」

  5. 34年目の真実 松橋事件/中 子の人生も狂わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです