メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

高齢者の海難事故率増 第5管区海保、効果的な指導に苦慮 後継者不足/免許返納制度なく /兵庫

2018年5月に和歌山県沿岸で70代男性船長が目測を誤って暗礁に乗り上げ、大破した漁船=第5管区海上保安本部(画像の一部を加工しています)

 海でも高齢者の事故防止が課題となっている。第5管区海上保安本部(神戸市)が管轄する大阪湾周辺で2018年に発生した海難事故のうち、65歳以上の高齢者が関わった割合は33%を占める。13年の25%から増加傾向にある。後継者不足で仕事を続けざるを得ない高齢の船長や乗組員がいることが一因とみられる。自動車と違い、船舶には免許の自主返納制度はなく、海保は対策に苦慮する。【黒川優】

 5管本部によると、昨年1月~11月末までの速報値で管内の海難事故は475件。そのうち65歳以上が関…

この記事は有料記事です。

残り1177文字(全文1415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 21世紀枠は帯広農、磐城、平田 第92回選抜高校野球

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです