メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県重文

黒野神社本殿 県教委、新たに計3件を指定 /兵庫

兵庫県の重要有形文化財に指定される木造聖徳太子立像=同県教委提供

 県教委は21日の定例会で、加古川市の鶴林寺で保管されている「木造聖徳太子立像(りゅうぞう)」など3件を県指定重要有形文化財に、史跡名勝天然記念物に見野古墳群(姫路市)など3件を指定するよう議決した。これで県指定文化財は865件になる。【反橋希美】

 聖徳太子像(高さ83センチ)は作者不明で鎌倉時代末ごろに制作されたとみられる。国重要文化財の仏具「〓漆厨子(きゅうしつずし)」内に安置されていた。襟なしの下着とはかま姿で上から布の衣服をまとわせたとみられ、このタイプの聖徳太子…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

  4. 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです