メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

陸閘、管理あいまい 380カ所 県、廃止など作業難航 /岡山

西日本豪雨の際には閉じられなかった陸閘。レールがゆがみ、閉めることができないことが後に判明した=岡山県高梁市落合町近似で、林田奈々撮影

 生活上の必要で通行できるように河川の堤防に切れ目を入れ、大雨の際などには塞ぐ装置「陸閘(りっこう)」。県内には少なくとも約380カ所にあるが、その多くの管理があいまいだったことが県への取材で分かった。県は一つ一つについて管理責任の所在を明らかにし、切れ目の必要がなければ塞ぐ方針だが、数が多いだけに作業は難航しそうだ。【林田奈々】

 「見に行ってみると、『何だこれは』というものもある」。ある県民局の職員はこう語る。県は昨夏の西日本豪雨後、陸閘について本格的な実態調査に乗り出した。各県民局の職員が現地で確認作業を続けているが、その多くがいつ造られたのか不明で、何のために存在しているのか分からないものもあるという。

この記事は有料記事です。

残り1173文字(全文1481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 新型コロナ 大阪府、初の「赤信号」 重症病床切迫、外出自粛要請へ

  3. クローズアップ 「脱ガソリン」政府号令 30年代半ば、従来車禁止 「脱HV」の土俵乗らず

  4. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

  5. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです