メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

県警 春の異動809人 DV対策室と少年課統合 組織改編 /大分

 県警は21日、3月14日付の定期人事異動(3月13日、同31日、4月1日付を含む)を発表した。退職する高山譲二・刑事部長の後任には工藤秀幸・生活安全部長が、同じく退職の原田秋一郎・警備部長の後任には原田賢二・交通部長が就任。また、中津留三次・大分中央署長が退職し、姫野次生・首席監察官が就任する。所属長以上の幹部(本部の部長、参事官、課長や警察署長など)は、15人が退職して顔ぶれが大きく変わる。

 退職者などを除く異動総数は809人(前年比77人増)で、平年よりやや大きい規模の異動となった。内訳…

この記事は有料記事です。

残り2176文字(全文2425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  2. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  3. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  4. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです