メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎月勤労統計

不正調査 厚労省の統計手法、秘書官面会当日書き換え 因果関係は否定

 毎月勤労統計の調査対象事業所の入れ替え方法を巡って厚生労働省の姉崎猛統計情報部長(当時)が中江元哉首相秘書官(同)と面会した2015年9月14日、厚労省有識者検討会の中間的整理案の結論部分が「現在の総入れ替え方式で行うことが適当」から「引き続き検討する」に変わっていた。姉崎氏は「(事務方への)資料の修正指示は首相秘書官に説明に行く前に行った」と面会との因果関係を否定している。

 厚労省が21日、立憲民主党会派の小川淳也氏の要求を受け、衆院予算委員会理事会に文書で回答した。

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです