桜田・五輪担当相

予算委遅刻 野党猛反発、審議止まる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
議員たちがいない委員会室で再開を待つ桜田義孝五輪担当相=国会内で2019年2月21日、川田雅浩撮影
議員たちがいない委員会室で再開を待つ桜田義孝五輪担当相=国会内で2019年2月21日、川田雅浩撮影

 桜田義孝五輪担当相は21日の衆院予算委員会に約3分遅刻した。野党が猛反発して審議は中断し、昼を挟んで約5時間後にようやく再開した。再開後の委員会で、桜田氏は「前の質疑が中断して、時間の間隔をちょっと間違ってしまった」と説明したうえで、「皆様に大変ご迷惑をおかけし、心から深くおわびする」と陳謝した。

 桜田氏は午前10時15分から立憲民主党…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

あわせて読みたい

注目の特集