外国人介護職員

特定技能「即戦力」 日本人と同じ扱い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 4月からの新在留資格「特定技能」で働く外国人介護職員について、厚生労働省は、「即戦力」として勤務当初から施設の人員配置基準にカウントする方針を固めた。特定技能は事前に介護技術の習得を求めているためで、日本人と同じ扱いにする。今年度末までに全国の自治体に通知する。

 介護保険制度では、施設の種類や規模に応じて配置すべき医師や介護職員の人数の基準が決まっている。…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

あわせて読みたい

注目の特集