メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

白血病の治療って? 抗がん剤や骨髄移植 治癒率向上「8割」に=回答・野田武

白血病の治療のイメージ

 なるほドリ 白血病(はっけつびょう)を公表した競泳の池江璃花子(いけえりかこ)選手(18)、病気を克服(こくふく)できるといいね。白血病にはどんな治療(ちりょう)法があるの?

 記者 一般的には抗(こう)がん剤(ざい)を使う「化学療法」が施(ほどこ)されます。血液に含まれる赤血球(せっけっきゅう)や白血球(はっけっきゅう)などの細胞は「骨髄(こつずい)」という部位で作られています。血液のもとになる細胞が何らかの理由でがんになるのが白血病で、悪い血液細胞(白血病細胞)が増えていきます。そこで抗がん剤を何回も注射して、悪い細胞を減らしていくのです。

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文898文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  3. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  4. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです