メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

英、EU離脱の行方

マット・クオトラップ氏=矢野純一撮影

 英国の欧州連合(EU)からの離脱期限が1カ月余後の3月29日に迫る。しかし、EUとまとめた離脱案を英国議会に否決され、求心力の低下したメイ英首相はEUとの修正交渉に望みをかける。EUと議会が共に受け入れられる修正や、離脱期限の延期によって、経済・社会の混乱が必至な「合意なき離脱」は回避できるのか。

再び国民に選択機会を マット・クオトラップ 英コベントリー大教授

 欧州連合(EU)からの離脱期限が迫る中、英国はカオス(混沌(こんとん))のような状況に陥っている。原因の一つは、離脱を決めた2016年6月の国民投票であり、実施自体が誤りだった。15年の総選挙でキャメロン首相(当時)は与党・保守党の勝利を狙い、「EU離脱への賛否を問う国民投票の実施」を公約に掲げた。反EUや反移民を掲げる右派・英国独立党(UKIP)の支持者を取り込めると考えたからだ。

 そもそも国民投票は、国の枠組みを変える重要政策や、国の将来に後戻りできない影響を与える問題について…

この記事は有料記事です。

残り4134文字(全文4560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィリピン、電子たばこ禁止へ ドゥテルテ大統領、公共の場での使用者逮捕命じる

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです