メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田畑衆院議員

女性問題で離党了承 自民執行部「魔の3回生」に苦慮

田畑毅衆院議員

 自民党は21日の党紀委員会で、女性関係を巡るトラブルを理由に田畑毅衆院議員(46)=比例代表東海ブロック、当選3回=が提出していた離党届を受理することを決めた。田畑氏を巡っては、交際していた女性が準強制性交容疑の告訴状を愛知県警に提出。与野党から議員辞職を求める声があがっている。同党では、2012年衆院選で初当選した当選3回の衆院議員によるトラブルが多発しており、執行部は苦慮している。

 「皆さんにいろいろな面でご迷惑をかけ、大変残念。責任者として本当に申し訳なく思っている」。田畑氏が所属する党二階派の二階俊博幹事長は21日、党紀委に先立つ派閥会合で陳謝した。田畑氏は12年衆院選の初当選組。同期の議員は過去に問題発言やトラブルを頻繁に起こしており、「魔の3回生」と呼ばれている。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 小刻みに震える子猫 殺処分に立ち会った おおいた動物愛護センター

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです