メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「キャンパる」30周年 学生記者、取材で成長=内山勢(キャンパる編集長・東京編集編成局)

意見が飛び交い、緊迫感に包まれる編集会議=毎日新聞東京本社で19日午後7時半、内山勢撮影

 本紙東京本社の毎週火曜日夕刊で掲載されている「キャンパる」は、今月で「創刊」30周年を迎えた。学生記者が毎週紙面1ページを作るという、全国紙でも他に例がない取り組みだ。活字離れが続く若者たちにとって、平成の時代とともに歩んできた「キャンパる」は、活字から学ぶ貴重な場となっている。

激動の89年誕生 意欲的企画次々

 1989(平成元)年2月4日、キャンパる第1号が産声を上げた。「創刊号」を手がけた初代編集長(教育担当編集委員)は「当時から若者は新聞を読まないと言われた。特に夕刊は読まれていなかったから、学生向けの記事を学生に書いてもらおうと考えた」と振り返る。

 89年は激動の年だった。1月に昭和から平成に元号が変わった。世界的にも6月に中国で天安門事件が発生…

この記事は有料記事です。

残り1681文字(全文2013文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです