メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国・EU

月内に再会談 離脱案、国境問題に進展なく

欧州連合(EU)離脱を巡り会談に臨むメイ英首相(左)とユンケル欧州委員長=ブリュッセルで2019年2月20日、AP

 【ブリュッセル八田浩輔、ロンドン矢野純一】英国のメイ首相は20日、欧州連合(EU)からの離脱案についてユンケル欧州委員長とブリュッセルで会談した。最大の懸案となっているアイルランドを巡る国境管理問題が交渉の焦点だったが具体的進展はなく、両首脳は月内に再度会談することを確認した。

 一方、トゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)は同日、ポーランドの民放テレビ「TVN24」で「英国が賢明な選択肢を準備できないのであれば交渉延長の可能性はある。『合意なき離脱』より良いだろう」と話し、3月29日の離脱日の延期もあり得るとの考えを示した。

 交渉の焦点は、EU加盟国アイルランドと英領北アイルランドの国境管理を巡る問題。メイ英政権とEUは昨年11月にまとめた離脱協定案に、厳しい国境管理を避ける具体的な方法が見つかるまでEUと英全土を同じ関税区域に置く「安全策」を盛り込んだ。しかし、メイ政権は英国内の離脱強硬派から「EUのルールに縛られる」などと反発を受け、安全策の変更を求めてEU側に譲歩を迫る交渉を余儀なくされている。だが、これまでの…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  2. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

  5. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです