メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衛星データ

政府、無料で民間に提供 土壌観測、最適な収穫日算出 AIに学ばせ防災地図作製

衛星データの主な活用事例

 経済産業省は21日、政府の人工衛星で集めたデータを産業用に提供するシステムの運用を始めた。衛星画像などを誰でも使いやすい形に加工して企業や大学、個人などに無料で提供。気象や人の流れなど地上のデータと組み合わせることで、農業や防災、インフラ管理など幅広い分野で新たなビジネスの創出が期待される。【和田憲二】

 経産省が運用を始めたのは「Tellus(テルース)」と呼ばれるプラットフォーム(基盤)。宇宙航空研…

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1283文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 約3000年前の小さな靴を発掘 新生児用か、飾りひもも エジプトの遺跡
  3. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉
  4. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  5. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです