東芝メモリ

政投銀が3000億円出資 今秋上場へ株買い戻し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 半導体大手の東芝メモリが、日本政策投資銀行(DBJ)から3月末までに最大3000億円の出資を受ける方向で最終調整に入ったことが明らかになった。東芝メモリは今秋にも東京証券取引所への新規株式公開(IPO)を目指しており、上場に合わせて資本構成の見直しを図る。

 関係者によると、東芝メモリは経済産業省が所管する官民ファンド「INCJ」にも出資を求めている。DBJやINCJは2017年、東芝が売却を決めた時点で出資を検討していた。また、東芝メモリは6000億円を融資している主力取引銀行から新たに4000億円規模の追加融資を受けることも検討している。

 東芝メモリは、得た資金で米アップルや米デルなどが保有する優先株を買い戻す予定。アップルなどは製品納入先でもある。納入先であり株主という二つの立場が利益相反になりかねず、アップルなどが株式保有を続けると、東芝メモリ上場時の審査で支障となる可能性があるためだ。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文852文字)

あわせて読みたい

注目の特集