メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

小林そらさん=第30回読書感想画中央コンクールで大和証券賞

第30回読書感想画中央コンクールで大和証券賞に決まった小林そらさん=岩手県軽米町で2019年2月12日、鹿糠亜裕美撮影

小林(こばやし)そらさん(10)

 住んでいる岩手県軽米(かるまい)町は青森県境の山あいにあり、20年前に中心部を流れる川から水があふれる被害に遭った。当時の教訓を学ぶ授業で、2011年3月の東日本大震災についても多くを教わった。「たくさんの人が津波で亡くなっていて、悲しい気持ちになった」

 感想画を描く本は、学校の図書室で手に取った児童書「心のおくりびと 東日本大震災復元納棺師 思い出が動きだす日」(金の星社)と決めていた。傷だらけの遺体に生前の面影を取り戻す女性を追ったノンフィクションだ。「被災地の人の気持ちと応援のメッセージを絵にした…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです