メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

日産の会長にふさわしいのは誰か?=経営共創基盤CEO・冨山和彦

冨山和彦 経営共創基盤CEO

 カルロス・ゴーン被告の解任で空席となっている日産の会長ポストを巡ってルノーとの間で駆け引きが続いているとの報道が出ている。コーポレートガバナンスの観点からの答えはシンプル。社長がCEO(最高経営責任者)という前提に立つならば、会長職は日産の一般株主のためにCEO以下の執行部を監督する側のトップが担うべきで、非執行で代表権は持たず、取締役会の議長を担う人物が就任するのが筋である。

 日産は上場企業である。上場企業の経済的使命は自らの企業価値の最大化であって、一部の特定大株主固有の利益に貢献することではない。日産のガバナンス上の構造的リスク要因は、40%超の株式を保有するルノーが主導した日産との業務連携行為がルノー自身の事業運営上の利益にはなるが、必ずしも日産自身の企業価値の向上につながらない可能性にある。例えば日産の車をルノーのフランスの工場で生産することが、日産からみて経…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです