メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 羽生善治九段-豊島将之王位 第36局の1

ラス前一斉対局

 1月31日、A級8回戦が東西の将棋会館で一斉に行われた。6勝1敗同士の豊島将之王位-羽生善治九段戦は関西将棋会館の御上段の間で対局。同じく6勝1敗の広瀬章人竜王は東京で深浦康市九段と戦う。本日の結果で挑戦は決まらないが、最終局へ向けて大事な一局となる。

 本局は1敗の直接対局だけに注目度も高い。御上段の間にはニコニコ生放送とAbemaTVのカメラが設置され、報道陣も対局者を待ち構えていた。金属探知機の持ち物検査を経て、先に入室したのは羽生。さっと下座に着いた。まもなく豊島も入り、迷うことなく上座へ座った。

 豊島は以前に佐藤康光九段戦で下座に着いた時、佐藤に上座へ促された。さらに本局の10日前にはNHK杯…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです