メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

中高制服、割れる選択制導入

制服のスラックスを着こなす高崎市立高崎経済大学付属高校の女子生徒たち=群馬県高崎市の同校で、鈴木敦子撮影                                                                      

 かつて管理教育の象徴だった公立中学、高校の制服を、性別によらない選択制にする動きが広がる。だが、まだ男女別の制服を課す学校が大半だ。選択の自由を求める生徒にはどんな事情があるのか。各地の選択制導入の経緯とともに探った。

 ●「心の性」に対応

 群馬県高崎市の市立高崎経済大付属高校の校則には、女子の制服としてスカートとスラックスの両方が明記されている。浜野雅樹校長によると、校則が変わったのは約10年前。当時2年生だった飯塚花笑(かしょう)さん(28)=映画監督=が「男子の制服を着たい」と要望したことがきっかけだった。

 飯塚さんは性別に違和感があり、スカートが苦痛だった。担任に相談すると、男女共通の体育着を着ることは許されたが、校内で一人だけの「浮いている」状態に耐えきれなくなった。性同一性障害の診断が出せる県外の医療機関まで足を運び、高校に診断書を提出してようやく許可が下りた。それを機に学校は規則に手を入れた。生徒たちによると、冬はスカートでは寒いこともあり、現在、女子の1~2割程度が「スラックス派」という。

この記事は有料記事です。

残り2017文字(全文2476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに5759人の感染確認 重症者972人、14日連続で過去最多

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  4. 菅首相、異例のステイホーム 就任後初めて宿舎から外出せず

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです