メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスリート交差点2020

記憶に残るスイマーへ 高地練習が意識変え=競泳・渡辺一平

競泳・渡辺一平=梅村直承撮影

 昨年12月、中国・昆明で約2週間の高地合宿をしました。今回は心肺機能を高める効果のある高地トレーニングの話をしたいと思います。

 その前になぜ合宿地が中国だったのか。きっかけは早稲田大で何度も一緒に練習しているアジア大会男子100メートル平泳ぎで銀メダルを獲得した閻子貝(えん・しばい)=中国=との約束でした。

 合宿では、まず体を慣れさせる順応期間からスタートしました。無理に心拍数を上げず、コーチによっては「…

この記事は有料記事です。

残り1064文字(全文1269文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです