メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中閣僚級協議

知財や為替、是正覚書か 近く交渉期限

 【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】米中両政府は21日、貿易戦争の収束に向けた閣僚級の通商協議をワシントンで始めた。22日まで2日間の日程で、中国の知的財産権侵害問題など最終合意に向けて残された課題の解決を目指す。トランプ米大統領は協議の進展に応じて3月1日の交渉期限を延長する考えを示しており、今回の協議で双方がどこまで歩み寄れるかが注目される。

 閣僚級協議には米側から通商代表部(USTR)のライトハイザー代表、ムニューシン財務長官らが参加し、…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文505文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです