メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この空の下で

それぞれの移住物語 京都・宇治田原町 「里山保育 やまぼうし」運営、若林武さん・純さん夫妻

青空園舎、のびのび子育て

 「あっ、テントウムシ」。2月中旬、京都府宇治田原町を流れる田原川の遊歩道で、子供たちがテントウムシを観察していた。そばでは、黄色のタンポポや青色のオオイヌノフグリが春の訪れを告げている。子供たちは自分の興味の赴くままに遊んでいた。

 子供たちを見つめるのは保育士資格を持つ若林武(たける)さん(34)、純さん(35)夫妻。町の自然の豊かさに魅力を感じ、2017年に移住した。昨年4月には、自然体験を中心とした保育や教育を提供する「森のようちえん」として「里山保育 やまぼうし」を開設。武さんは「子供たちの自主性を育み、見守る保育を実践しようと、夫婦で話し合いながら取り組んでいる」とやりがいを語る。

 園舎はない。「宇治田原町全部が園舎」と純さん。春には桜並木が美しく夏には水遊びができる田原川、農道…

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1431文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. 熱烈人気「上海ディズニー」 じわじわ「中国風」好感 6月で開園3年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです