メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GACKT

伊勢谷友介とのキスシーンを監督に直訴 「どうしてもチューしたくて…」

映画「翔んで埼玉」の初日舞台あいさつに登場したGACKTさん

 歌手のGACKTさんが22日、東京都内で開催された映画「翔んで埼玉」(武内英樹監督)の初日舞台あいさつに、俳優の伊勢谷友介さんらとともに登場した。映画には、GACKTさんと伊勢谷さんのキスシーンがあるといい、武内監督が「元々なかったんですけど、GACKTさんの提案で(追加した)」と明かすと、会場から黄色い声が沸き起こった。

 キスシーンについて、GACKTさんは「公私混同ですけど、どうしても、伊勢谷君とチューがしたくて」と明かし、伊勢谷さんは「同性だよ。僕は女性が好きなので……」と照れ笑いしつつ、「(撮影で伊勢谷さんが)つえでGACKTさんの胸をギュッとするんですけど、胸が大きくて。『乳首がギリギリ見えているな』って思いながら、キスしたことを覚えています」と話し、周囲を笑わせていた。

 舞台あいさつには二階堂ふみさん、京本政樹さんも出席。二階堂さんは、2人のキスシーンについて「キスシーンがあると、現場でうわさを聞いていたんですけど、ここまで本格的なものとは思っていなくて。すごい役者魂だなと思いました」と語っていた。

 映画「翔んで埼玉」は「パタリロ!」で知られる魔夜峰央さんが1982年に発表し、2015年に復刻されたマンガが原作。埼玉県民は東京都民から迫害を受けていたという設定で、東京でトップの高校・白鵬堂学院の生徒会長で東京都知事の息子の壇ノ浦百美(二階堂さん)と、米国帰りの転校生・麻実麗(GACKTさん)は互いに引かれ合うが、麗は埼玉出身で、埼玉と東京の「通行手形」の撤廃を求める「埼玉解放戦線」のメンバーだった……というストーリー。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. 元島民ら丸山議員に反発「国会議員の態度じゃない」 コップで机をバンバン
  3. ミスド元アルバイト男性が不適切動画 食材触れる
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害事件 死刑確定 被告が控訴取り下げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです