メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

二階堂ふみ

「翔んで埼玉」“個性強すぎ”キャストに苦笑い 「自分が一番まともだった」

映画「翔んで埼玉」の初日舞台あいさつに登場した二階堂ふみさん

 女優の二階堂ふみさんが22日、東京都内で開催された映画「翔んで埼玉」(武内英樹監督)の初日舞台あいさつに、共演のGACKTさん、伊勢谷友介さん、京本政樹さんらとともに登場した。

 映画には4人以外にも、ブラザートムさんや竹中直人さんら、“個性派”が勢ぞろいしている。二階堂さんは「こんなにも個性豊かな方が集まる現場は初めてで、私の個性は発揮できているのかと思いました。アクが強い方ばかりで、自分が一番まともだと思いました」と苦笑いで明かした。

 映画「翔んで埼玉」は「パタリロ!」で知られる魔夜峰央さんが1982年に発表し、2015年に復刻されたマンガが原作。埼玉県民は東京都民から迫害を受けていたという設定で、東京でトップの高校・白鵬堂学院の生徒会長で東京都知事の息子の壇ノ浦百美(二階堂さん)と、米国帰りの転校生・麻実麗(GACKTさん)は互いに引かれ合うが、麗は埼玉出身で、埼玉と東京の「通行手形」の撤廃を求める「埼玉解放戦線」のメンバーだった……というストーリー。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. 大きな虹 福岡の空に
  3. 中国、ファーウェイを全面支援 官民一体で米に反発
  4. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  5. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです