メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

姉崎氏、自らの判断主張 厚労省の統計手法変更で 衆院予算委

 毎月勤労統計の調査対象事業所の入れ替え方法を巡り、厚生労働省の姉崎猛・元統計情報部長は22日午前の衆院予算委員会で、2015年の厚労省有識者検討会の「中間的整理案」の結論部分の修正は自身の判断で行ったとの認識を示した。姉崎氏は15年9月14日に、首相官邸で中江元哉首相秘書官(当時)と面会し、中江氏の「問題意識」を伝えられていたが、その影響を改めて否定した。

 検討会の中間的整理案では、15年9月14日午後2時1分時点のファイルで「現在の総入れ替え方式が適当」と記載されていたが、同日午後10時33分までの更新で「引き続き検討する」に変更された。

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです