メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

姉崎氏、自らの判断主張 厚労省の統計手法変更で 衆院予算委

 毎月勤労統計の調査対象事業所の入れ替え方法を巡り、厚生労働省の姉崎猛・元統計情報部長は22日午前の衆院予算委員会で、2015年の厚労省有識者検討会の「中間的整理案」の結論部分の修正は自身の判断で行ったとの認識を示した。姉崎氏は15年9月14日に、首相官邸で中江元哉首相秘書官(当時)と面会し、中江氏の「問題意識」を伝えられていたが、その影響を改めて否定した。

 検討会の中間的整理案では、15年9月14日午後2時1分時点のファイルで「現在の総入れ替え方式が適当…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです