防衛相、辺野古の地盤改良で工期「延びる」 期間は言及せず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
軟弱地盤が確認された米軍キャンプ・シュワブ東部海域の埋め立て予定海域(手前)=沖縄県名護市辺野古で2018年12月14日、本社ヘリから
軟弱地盤が確認された米軍キャンプ・シュワブ東部海域の埋め立て予定海域(手前)=沖縄県名護市辺野古で2018年12月14日、本社ヘリから

 岩屋毅防衛相は22日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先になる同県名護市辺野古の埋め立て予定海域で軟弱地盤が見つかったことを受け、当初想定より工期は延びるとの認識を示した。具体的な期間には言及しなかった。

 岩屋氏は「地盤改良という新たな要素が加わったので、その分は延びる」と表明…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

あわせて読みたい

注目の特集