首相の発言、なぜ荒れる? 国会審議で目立つ感情的な振る舞い

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で質問者の立憲民主党の長妻昭代表代行に対し、予定時間を過ぎたことを腕時計を差しながら伝える安倍晋三首相=国会内で2019年2月18日、川田雅浩撮影
衆院予算委員会で質問者の立憲民主党の長妻昭代表代行に対し、予定時間を過ぎたことを腕時計を差しながら伝える安倍晋三首相=国会内で2019年2月18日、川田雅浩撮影

 今開かれている通常国会の施政方針演説で1月、安倍晋三首相は毎月勤労統計の不正調査問題について陳謝し、改憲については「議論が深められることに期待する」と述べるなど低姿勢に徹した。ところが、審議が始まると野党議員に対して感情的になる場面が目立つ。こうした振る舞いは、今国会に限ったことではない。何が首相をそうさせるのだろうか。【統合デジタル取材センター/江畑佳明】

この記事は有料記事です。

残り1621文字(全文1802文字)

あわせて読みたい

注目の特集