メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JALとANA、常夏の楽園巡り熱い戦い ハワイ路線に注力

ウミガメをモチーフにした特別塗装のA380。成田-ホノルル線に5月に就航する=ドイツ・ハンブルクで2018年12月13日、全日空提供

 常夏の楽園として人気の米ハワイへの航空路線を巡り、全日空と日本航空が熱い戦いを繰り広げている。全日空は5~7月、成田―ホノルル線に総2階建ての世界最大の旅客機A380を2機投入。供給座席数を現在の1.8倍に増やし、シェア1位の日航を追う。対する日航はハワイアン航空との提携やホノルル空港のラウンジ(特別待合室)の新設・改装などで「特別な市場」と位置付けるハワイ線の強化に力を注ぐ。【中村宰和】

この記事は有料記事です。

残り849文字(全文1046文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです