メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「科学の下に結束を」スウェーデンの16歳少女がEUで演説 温暖化対策強化求める

「気候のための学校ストライキ」と書かれたプラカードを手にデモ行進するグレタ・トゥーンベリさん(写真中央)=ブリュッセルで2019年2月21日午後2時2分、八田浩輔撮影

 【ブリュッセル八田浩輔】スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさん(16)が21日、ブリュッセルで開かれた欧州連合(EU)の諮問機関で演説し、EUの温室効果ガスの削減目標を倍増するよう訴えた。グレタさんは昨年、温暖化対策を求めて学校を休んで座り込みを続けて注目を集め、世界各地で温暖化危機を訴える同世代の抗議デモが広がるきっかけを作った。

 この日、EUのユンケル欧州委員長らの前で演説したグレタさんは、「もし私たちが大切な授業時間を無駄に…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです