メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱

厚真町役場で対応に追われる職員ら=北海道厚真町で2019年2月21日午後11時33分、竹内幹撮影

[PR]

 21日午後9時22分ごろ、北海道地方で強い地震があり、厚真(あつま)町で震度6弱を観測した。気象庁によると、震源は胆振(いぶり)地方中東部で、震源の深さは33キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.8と推定される。この地震による津波の心配はない。

地震の被害状況について情報収集する厚真町職員ら=北海道厚真町で2019年2月21日、福島英博撮影

 気象庁は同日夜、記者会見し、今回の地震は昨年9月に同町で震度7を記録した北海道胆振東部地震の余震活動との見方を示した。揺れの強かった地域では今後の地震活動に注意するよう呼び掛けた。

 道対策本部によると、同町吉野地区で土砂崩れがあり、同町幌内地区では雪崩を確認。自衛隊や北海道警のヘリで上空から調べたところ、新冠(にいかっぷ)町付近で土砂崩れがあり、むかわ町では煙突の倒壊があったとみられる。

 北海道電力によると、直後に厚真、むかわ両町全域などで1分間停電が起きたが、厚真町にある苫東(とまとう)厚真火力発電所や、運転停止中の泊原子力発電所(泊村)など道内の発電所でトラブルは発生していないという。

 北海道警によると、この地震によるけが人などは出ていない。

 昨年9月の地震では、大規模な土砂崩れが起きた厚真町などで41人が死亡。苫東厚真火力発電所が停止した影響で、道内全域で大規模な停電が起きた。

 今回、震度5弱以上を観測した市町は次の通り。

 震度6弱=厚真町▽震度5強=安平(あびら)町、むかわ町▽震度5弱=札幌市北区、札幌市手稲区、千歳市、長沼町、平取(びらとり)町。【三沢邦彦、最上和喜】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです