メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのちのほとりで

/11 「死の模擬体験」ワークを続ける医師の信念とは 仙台

「死の模擬体験」ワークを終えた山室誠医師。会場にはホッとした空気が流れ、笑みもこぼれる=宮城県塩釜市で2019年1月26日、滝野隆浩撮影

 「死ぬってことが分かったら、人は生き方を決められる」。それが「死の模擬体験」ワークを続けている仙台市の在宅療養支援診療所「岡部医院仙台」前院長、山室誠医師(74)の信念である。同市内を中心にこれまで100回近く実施してきた。私も今年に入って、2度参加した。そのときの様子は本文記事で報告したが、ワークを始める前に、先生が忘れずにすることがある。「気分が悪くなりそうだったら途中退席してもいいし、ワークに参加しなくてもいい」という注意伝達だ。

 それは、東日本大震災の被災地ならではの心遣いだった。

この記事は有料記事です。

残り2143文字(全文2391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです