メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化

都立西高校に入って行く受験生たち=東京都杉並区で2019年2月22日午前8時、梅村直承撮影

 東京都立高校の2019年度一般入試が22日始まった。全日制の平均応募倍率は1.40倍と、現在の選抜方法になった1994年以降で最低となった。都が17年度に私立高授業料の実質無償化制度を導入したのが要因だが、進学校は倍率が上がっており、二極化が進む。同じ傾向は首都圏全体で見られ、専門家は「20年度の大学入試改革への不安から、高校選びで大学進学率がより重視されるようになった」と分析する。

 この日、全日制の172校では約4万4000人が試験に臨んだ。一部の高校では23日も試験があり、来月…

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです