メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不適切入試否定の聖マリアンナ医科大、文科省が行政指導 第三者委で再調査求める

 柴山昌彦文部科学相は22日、医学部入試を不適切と指摘した文科省の調査結果を否定した聖マリアンナ医科大(神奈川県)の内部調査は不十分だとして、第三者委員会による再調査を求める行政指導をしたことを明らかにした。

 聖マリアンナ大は昨年12月、不適切との文科省の指摘を「総合評価であって差別でない」と否定。文科省が求めた第三者委による調査ではなく、内部調査を進めていた。今月19日、性別や浪人年数で恣意(しい)的に点数の差をつけた事実は認められなかったとする内部調査の結果をホームページで公表し、文科省に報告した。

 指導は21日付。柴山氏は閣議後の記者会見で内部調査について「十分納得し得る説明はなかった」と述べた。【伊澤拓也】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 大谷、イチローの開幕戦を夜更かし観戦
  3. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  4. 仙台市博物館 政宗の愛刀公開 ゲーム「刀剣乱舞」効果? 反響「普段の数十倍」 /宮城
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです