メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

忍者市駅が聖地・伊賀に登場 看板設置でPR 「ニン、ニン、ニン」の語呂合わせ

披露された「忍者市駅」看板の前で、ポーズを取る忍者たち=三重県伊賀市で2019年2月22日午前10時21分、山崎一輝撮影

 忍者の古里をPRする三重県伊賀市にある伊賀鉄道上野市駅が「忍者の日」の22日、「忍者市駅」と愛称がつけられ、同駅で看板の除幕式があった。同駅を通る伊賀線(16.6キロ)も愛称が同日から「忍者線」となった。

 2月22日は「ニン、ニン、ニン」の語呂合わせで忍者の日。市は2年前に「忍者市宣言」をしており…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文346文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです