メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク、パ・リーグ制覇 3年ぶり19回目

ネコ都市「こにゃん市」、8代目市長「きゃら」が執務 「ニャンニャンニャンの日」

湖南市のマスコットキャラクターたちの前で書類の決裁をする、こにゃん市長の「きゃら」=滋賀県湖南市中央1湖南市役所で2019年2月22日午後3時2分、礒野健一撮影

 滋賀県湖南市のどこかにあるというネコ都市「こにゃん市」の8代目市長「きゃら」(雄2歳)が「ニャンニャンニャンの日」の22日午後2時22分、湖南市役所を訪れ、1時間限定で市長の執務をこなした。

 「こにゃん市」は観光振興と動物愛護をPRしようと、2011年から湖南市観光協会が始めた取り組み。毎年4月にインターネット上で市長選がある。

 蝶(ちょう)ネクタイを付けた「きゃら」市長は、市内で旅行代理店を経営する秘書(飼い主)の岡田啓之さん(50)に抱かれて登場。多くの報道関係者や市民に囲まれ驚いた様子だったが、子供たちになでられても、市長らしく余裕のある表情で応対した。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  3. スイッチとセットの「リングフィット アドベンチャー」 11月20日発売へ 任天堂

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです