メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネコ都市「こにゃん市」、8代目市長「きゃら」が執務 「ニャンニャンニャンの日」

湖南市のマスコットキャラクターたちの前で書類の決裁をする、こにゃん市長の「きゃら」=滋賀県湖南市中央1湖南市役所で2019年2月22日午後3時2分、礒野健一撮影

 滋賀県湖南市のどこかにあるというネコ都市「こにゃん市」の8代目市長「きゃら」(雄2歳)が「ニャンニャンニャンの日」の22日午後2時22分、湖南市役所を訪れ、1時間限定で市長の執務をこなした。

 「こにゃん市」は観光振興と動物愛護をPRしようと、2011年から湖南市観光協会が始めた取り組み。毎年4月にインターネット上で市長選がある。

 蝶(ちょう)ネクタイを付けた「きゃら」市長は、市内で旅行代理店を経営する秘書(飼い主)の岡田啓之さ…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文563文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです