メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

熱帯魚落語家・古今亭寿輔は癒やしの特効薬

古今亭寿輔さんのCD「トロピカル・ドリーム」

 落語家の高座着は、昔は黒紋付きが当たり前。笑点のような原色の着物を着ることはまずない。「あれはカラー放送に合わせたんだ」という説もあるが、笑点初期のカラー写真には、地味な色の着物のものもあり、よくわからない。おしゃれな着物を着るようになったのは、春風亭小朝さんからだろうか。

 現在、落語家は東西で約900人。「なんだ、この熱帯魚はって、こんな衣装は落語家で私一人なんですから。これ、ものはね、テトロン。夏暑く冬寒いの……」と、マクラでお客さんをいじりながら、着物の説明をするのは、古今亭寿輔さん(74)。

 失礼ながら、初めて寄席でお顔を見た時は、赤塚不二夫さんの漫画のキャラクターのようなインパクトに驚いた。「落語会のサリンと呼ばれてます」というマクラは今は使わないが、お顔といい、着物といい、強烈なだけに、怖い人なのでは? とつい思いがちだが、その懸念は無用。実は優しい人なのだ。

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文1148文字)

油井雅和

東京本社ウェブ編成センター記者。東京生まれ。早大卒。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 「入院拒めば罰則」の感染症法改正案 抑止力か人権侵害か

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです