メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
世界の雑記帳

大型恐竜Tレックスの祖先は小型だった、米ユタ州で化石発掘

 2月21日、米ユタ州中部の地層から出土した9600万年前(白亜紀)の恐竜の化石が、大型肉食恐竜ティラノサウルス・レックス(Tレックス)の祖先とみられることが分かった。科学誌コミュニケーションズ・バイオロジーに研究結果が掲載された。提供写真(2019年 ロイター/Raleigh, North Carolina, U.S., February 21, 2019. Courtesy Jorge Gonzalez/Handout)

[PR]

 [ワシントン 21日 ロイター] - 米ユタ州中部の地層から出土した9600万年前(白亜紀)の恐竜の化石が、大型肉食恐竜ティラノサウルス・レックス(Tレックス)の祖先とみられることが分かった。科学誌コミュニケーションズ・バイオロジーに21日、研究結果が掲載された。

     全長約3メートル、体重78キログラムとみられるこの恐竜は「モロス・イントレピドゥス」(破滅の先ぶれ)と名づけられた。小型の恐竜だが、3000万年後に現れる全長13メートル、体重7トンにもなるTレックスの祖先だという。

     モロスがどのようにして進化し、大型恐竜になったかを解く鍵になるとみられる。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

    2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

    3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

    4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

    5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです